人気ブログランキング |

縁あって家族になった犬と一緒に日本に帰国。田舎でひっそりと自然を感じながらの暮らしを気が向くままに綴る。犬を笑わすことに生きがいを感じる日々。       LOVE ,PEACE & DOG LIFE BLOG


by annitamah
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:たーちゃんとの出会い( 11 )

思い出

たーちゃんと出会ったころ、おもちゃを買っても遊び方がわからなかったことを思い出しました。
遊んでもらったことがなかったのかな?

・・・から、思い出した遠い記憶。



日本にたーちゃんと住める家を探す為に一時帰国したことがあるんですが、そのときに首都NOUMEA(ヌメア)から車で1時間ぐらい離れたところにあるDUMBEA(ダンベア)という街の、ペットホテル”Le Bonheur est dans le pré”に1ヵ月預けたことがあります。(涙) 

私が不在時に、たーちゃんに何かあってはいけない。。ということで、決めたこと。(帰国するまで放し飼いだったので、私を探しまわるんじゃないか?との周りの意見と、安全を守るためには預けるしかない。。と決断したこと。)


ニューカレドニアでたーちゃんを預けたペットホテル


細心の注意を払って近所のおばちゃんたちについてきてもらって下見に行ったり、たーちゃんとの散歩で仲良くなった犬&馬好きの地元の犬仲間の意見を聞いたりして選んだペットホテルだったのですが、そこでボール遊びを覚えてきたみたいで、ボール投げが大好きなたーちゃんです。



思い出しても涙がでますが、、 たーちゃんを預けに行った日、オーナーのナタリーさんに
「泣いたりしちゃだめよ。泣くのは犬の為にはならないよ。泣くと犬が動揺するの。犬の幸せを願うならいつもと同じように笑いなさい。」 と言われ、(ごもっとも。) 
「たーちゃん、仕事に行ってくるね。待っててね。」って、いつもと同じように言ったんだけど、笑っていたのは顔だけで、120%たーちゃんは私の異変をダイレクトに察知し、ものすごい形相でたーちゃんの檻(庭付き)の
はじっこまで必死に走ってきて、「なんで?」「置いてくの?」「待って、待って!待って!!」と、泣き叫んでいました。


涙。
ごめんね。たーちゃん。 今でもあの時の悲しい顔は忘れられないな。007.gif
ほんとうに命と安全を守るための決断だったとはいえ、申し訳ないなぁと思います。


近所のおばちゃんマルティーヌさんは、「うちはアパートだし、入り口の鉢植えを折られたら嫌だから、家には入れてあげられない」 と。  
大家のおばちゃんジョスティンは、「うちで預かってもいいのよ。」と、言ってくれたのだけど、その時は何かあったら嫌だな。と預けられなかった。(今考えたら、預かってもらうのがたーちゃんには一番だったかもしれない)


犬仲間で、馬主&犬を8匹ぐらい連れていて仲良くしてくれたミリアムさんは、ペットホテルのナタリーさんとは馬つながりで知り合いらしく、私が不在時にはちょくちょく連絡を入れてくれていたみたいでしたが。


そんなこんなで、日本に帰ってあーちゃんに会って嬉しい反面、たーちゃんのことが心配すぎて、ストーカーのようにペットホテルのナタリーさんに電話をかけていたっけ。。。

そこで、たーちゃんは最初は小型犬と2匹で 部屋と庭をシェアしていたんだけど、のちにラブラドールなどと集団で生活をしている。とのことで、最終的に迎えに行った日は、私を見てふてくされたたーちゃんがでてきました。008.gif


大家のおばちゃんジョスティンとおじちゃんクリスチャンが車に乗せてくれて、 友達が日本帰国中不在ということで貸してくれた家に行ったんだけど、部屋に入って ふたりっきりになった途端、 たーちゃんが 「きゃん、きゃん♥もー、なんで置いていったんだよー。ふざけんなよー。さみしかったよー。 びびったよー。うれしいよー。もうやめてよー」と、 全身でやっと甘えてきてくれました。


ほんとうに、ほんとうにかわいそうなことをした。
だけど、日本で一緒に暮らすためには、他に手段がなかったんだよ。ごめんね。 
わたしだって、離れたくなかったし、会いたくて会いたくてしかたなかったよ。。 ごめんね。。。と。。
たーちゃんが苦しいぐらいぎゅーーーーーっと抱きしめて、キスして、もう絶対に離れないよ。と誓ったのでした。


そこから、一緒に帰国へのカウントダウンがはじまりました。
(飛行機で、また怖いおもいをさせてしまうのだけど。。。ね。。汗)
続きはまた。

a0240233_163114.jpg

ボールだいすきだよ。
a0240233_1634388.jpg

(たーちゃん)「これ、このまえのクリスマスプレゼントやん。 おかん、はや、投げろや。」

ほんと、思い出すといっぱいいっぱい色んな経験をしていますね。わたしたち。。。
by annitamah | 2016-03-04 16:04 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)

日常

また、会社のお掃除のおばちゃんに「枇杷の葉」をいただきました。
今回は肉厚な古い大きな葉っぱをリクエスト♪ ありがたいこってす。なにかお菓子でも差し上げなきゃな。

a0240233_12492147.jpg


一人、デスクにて袋の中の葉っぱを見てニヤニヤ。怪しさ満点。笑。 葉っぱの形がこうでよかった。なんつって。
a0240233_12492134.jpg


汚ねーデスク。あたしの会社机ですたい。 027.gif ここでお仕事いちよーしてますたい。
a0240233_12492109.jpg


夜、よなよな用事があって駅前にくりだす。そこでちょっとお散歩。たーちゃん、あーちゃん、意外とお店好き。
飲み屋に入りたがっていました。笑。 さすが、うちの子!
a0240233_12492122.jpg



最近、眠くてねむくてたまりまへん。 今朝なんて、目覚ましを無意識のうちに消しまくっていました。危ねー。
5:40にたーちゃんが私を叩き起こしてくれました。 ありがと、たー様。 
ばばばばっつとお散歩して、ご飯も簡単につくって(ごめんよー)、速攻着替えて、無事遅刻せずに出社しました。
ごめんよ、たーちゃん。 今日は帰ったらいっぱいお散歩しようぜ。
by annitamah | 2015-11-06 12:47 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)

5、6年前の写真

もしかしたら、前にもブログでアップしたことあるかもしれない写真ですが、、、(←しっかりして!笑)
今から5~6年前のたーちゃんの写真。ニューカレドニアにて
a0240233_12494028.jpg

わ~~~~~~。めちゃめちゃ、若い!!!ひよこっぽくて、フワフワしていてかわいいです。(←はい、でたー。毎度の親バカ。すみません。。ペロリ←古い) 
a0240233_1250429.jpg

こうやって振り返ってみると、たーちゃんも今はおばあちゃんになったなぁ。。。と。。感じます。。
出会った頃から、大好きだけど、好き度は月日を重ねるごとに、どんどん増していく010.gif053.gif

たーちゃん。やっぱりどう考えても、出会えてよかった。
あーちゃんとも出会えてよかった。
いや~。 もし、人生巻きもどせても、何度でも、ふたりに会いたい。
by annitamah | 2014-04-11 13:09 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)
このブログをはじめた頃に、たーちゃんとの出会いについて少し綴ったまま、気づけば月日が流れっぱなしでした。。。。 042.gif おおざっぱ過ぎる性格がでていますね。。。タラー(冷や汗)
(カテゴリ 「 たーちゃんとの出会い 」に その1、その2、その3があります。 よろしければ見てください040.gif

たーちゃんが、私と出会う前のことをお話したいと思います。

ニューカレドニアの首都ヌメアでたーちゃんに出会いました。

たーちゃんは、野良犬でした。
だから、たーちゃんがどこで産まれて、どうやって生きてきたかというと、実は少ししか知りません。
私が知っているのは、、、

・耳にタトゥーで番号が彫られていることから、シェルター出身のはずかも、ということ。(番号にシェルター出身を表す番号が入っているよ。と獣医さんに言われた)



・それから、人にもらわれて飼い犬になったけど、また捨てられたってこと。

のちのち元飼い主家族が近所に居たことが発覚。
偶然話しをする出来事があって、、、話をしたのは、フランス本国に大学に行ってる女の子で、バケーションで実家に帰ってきてる時だったんだけど、「私がたーちゃんのファーストオーナーよ。あなたが今のオーナー?」とかってヘラヘラしてた。

たーちゃんは健気にしっぽ振ってたけど。。。。。。。(どこまで、いい子やねん。)

しかも、「家来る?タバコ吸ってく?カナビス吸う?」とか言ってきやがった。
もちろんお断り。
笑えなかった。ほんとうに。
どのツラさげて、ファーストオーナーよっ。って言いやがるんだ。
品の悪そうな家族だったわー。顔面につばでも吐いてやりたい気分だった!!(いかん。いかん。)


しかも、新しい犬2匹を飼ってた!!!(キー033.gif
犬は汚れまくってて。。かわいがってもらってるといいけどさ。。。  

だけど、後日たーちゃんと散歩してるときにその家の前を通ったら、たーちゃんが突然庭先の門に近づいて行ってしばらく中の様子をじーっと静かに見つめていました。。

そんなたーちゃんの背中がせつなくて、、、、、007.gif泣きました。



その元飼い主がどういう経緯で飼育放棄したのか、聞けなかったです。(呆然として聞けなかったです。。)


それから、、私がアパートに引っ越してくる1年ぐらい前に、突然アパートの通りにたーちゃんが現れて、誰かに鎖をつけられて道路の電柱に繋がれっぱなしになっていたって聞きました。(ご近所さんたちに。)

いたずらをする人、雨、暑さからも逃げることができなくて、近所では「かわいそう・・」って声もでてきていたんだけど、しばらくそんな中で耐えていたんだそうです。 タイムマシーンがあったら、命がけで助けに行きたいよ。どんなに怖かったか。



そんな状況を見かねた、同じアパートに住んでいた今は亡きおじさんが、たーちゃんを救いだし、病院に連れて行ってくれたそうです。
(ちなみにたーちゃんの誕生日を獣医さんと一緒に2000年1月1日って決めたのが、このおじさん。)

たーちゃんは、救ってくれた!!ってことがやっぱり分かって、喜んで、その日から、自由の身になったけどそのおじさんの住んでいる、すなわち私が住むことになったアパートの周辺に居つくようになった。。というのが、だいたいの経緯です。


おじさんをはじめ、近所の人たちも時たま餌をくれるけど、家はない。って状況でした。
でも、たまに保健所みたいなところの車が街を周っていて、たーちゃんも一度捕まったんですって。そのときは
アパートの大家のおじちゃんが電話して元に戻してもらったそうです。これは、おじちゃん本人から聞きました。

そんな頃に私が引っ越してきたのが、私たちの出会いのはじまり。

まさか日本に一緒に帰ることになるとは、思ってもみませんでした。


一部しか知らないけど、たーちゃんの過去を考えると、私が人生の中で苦しかったり、泣きたかったり、くじけそうになったり、そんな出来事、ちっちぇーなー。と思います。

たーちゃんの優しさは、試練を越えて生きてきたたくましさと強さからなんだなぁ。と。


長くなってしまいました。。。。読んで頂いてありがとうございます012.gif
続きは、また。


つづく
by annitamah | 2013-11-19 14:54 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)

伝えたい

ふと、思いました。
たーちゃんは、大変な過去があって、私と暮らすようになって、一見私がたーちゃんを守っているようだけど、、
でも、本当は、
たーちゃんが、私を幸せにしてくれている。
導いてくれている。
守ってくれている。
笑顔をくれている。
あーちゃんも、だね。いっぱい、愛をありがとう。

本当に、ありがたいことです。

a0240233_2344153.jpg

4、5、6年前の写真ですが。。。。。恥。でも細 (笑)
後ろに写ってるケージは、日本に帰国する飛行機のためのもの。練習として家で使ってました。今はたーちゃん、使っていません。いろんな躾の考え方がありますが、我が家は、フリースタイル、自由行動なので。笑


a0240233_23464055.jpg

あーちゃん。6年ぐらい前の写真? ピンボケはご愛嬌ということで。

ふたりに教えてもらっていることが山ほどある。。。。

ありがとう。
I LOVE YOU, あーちゃん&たーちゃん!!!!!!
by annitamah | 2012-09-05 23:58 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)

マスコットガール?

たーちゃん、社会福祉士として働いている母の仕事場へ一緒に同行035.gifの巻。
今日は、半日母の職場で皆に可愛がってもらったみたいです。

毎日だと、たーちゃんも疲れちゃうと思いますが、ときどきならイイ刺激かな。なんて。。
これも、皆さんの温かい理解があるからこそ。
ありがたいことです。

職場の方の子供が春休みの為、事務所に遊びに来ていたらしく、たーちゃん大人気だったんですって。
耳を触られても、馬乗りになられても、大人しくしていた様で、その話を聞いて我が子ながら「なんて、優しい子なんだろう!!(←親バカ)」ってウルウルしました。(爆)

a0240233_22314911.jpg

「ウチ、結構我慢してんねんで~。 おいしいご飯作ってな。」

たーちゃん、ありがとうね。
by annitamah | 2012-04-04 22:36 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)

お友達がたーちゃんにちなんだ曲を教えてくれました。
曲も素敵ですが、歌詞にじーんと来ました。

「TAMAHANA」 


2番の歌詞に
I will always love you and not for just this life time
The promise made by this heart of mine
(今世だけじゃなく、ずっとずっと愛してるよ。 この約束は私のハートに刻まれてるの。)
っていうところで涙。。。

だって、
”また会えた。”
という感じなんです。 たーちゃんと私。不思議なんですが、そんな風に感じます。 

a0240233_22184632.jpg

たーちゃんとどうやって出会い、何があったかのアップが途中ですが、、、(汗)
ニューカレドニアに行く前にリーディングに行ったんです。オーラソーマ的な。。そこで「運命の人に会うね。フランスの人かな?どこの人なんだろう?一緒に暮らし始めるんじゃない?で、日本に一緒に帰ってくるよ。。」って。そのことを帰国して随分経つまで忘れてました。 人間じゃなかったけど、、、(笑) めちゃくちゃ当たってます。

だから、私はとても幸せです。また会えたから。
一緒に居たくてたまらなかったんだな。と思います。出会う前から。
もちろん、もちろん、あーちゃんとも一緒に居れて幸せです。ふたりは私の宝です。
by annitamah | 2012-03-15 22:28 | たーちゃんとの出会い | Comments(2)

とびっきりの♪


おか~さん、おか~さんっ !  

えへへへへ♥


a0240233_1918331.jpg



お~かぁ~さ~んっ!! 


でへへへへ♥

a0240233_1921158.jpg

by annitamah | 2011-12-01 19:23 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)
日中は相変わらず路上で過ごしていたたーちゃんですが、毎晩泊まりにくるようになって、しばらくしたある日のこと。(たーちゃんのこと その2 はこちら)

ボリボリボリボリ・・・カイカイカイカイ・・・
たーちゃんがずーっと体中を掻いたり噛んだりしているので、、まさか、ノミ??
と、毛を掻き分けてみると・・・ああぁ!居るいる!!!やっぱり黒い小さなノミが走り回ってる!!!
(たーちゃんも可哀相だけど、私も嫌~!!お家にノミが繁殖したら困る!泣)


慌てて近くの獣医さんに駆け込み、ノミダニ駆除のお薬をつけてもらいました。

a0240233_23133597.jpg
痒いよね。どうやら、これは猫ノミだそうです。      近所のお兄さんが、飼っているネコからもらったのかなぁ?








診察のついでに、先生にこの子が私の犬ではないということや、この子の行動エリアはだいたいここら辺だと思う・・・などと話していると、
「最近は警察が野良犬の見回りにきてるから、気をつけなさい。 目立つ首輪をつけておいて、あえて “飼い犬です” とアピールしたほうがいいかもしれませんね。」と言われたので、一つ返事で早速実行!
アドバイスどおり、黒い毛色に映える真っ赤な首輪とIDタグ (飼い主の名前と電話番号など記入した紙が入るカプセル状のタグ) を購入することにしました。


a0240233_23225241.jpg

これで、万が一保健所に連れて行かれそうになっても大丈夫だよね?! 飼い主さんが私の電話番号に連絡してくるかもしれないし・・・・。 




a0240233_2336648.jpg

この首輪とIDタグが、次の出会いと展開を運んでくるのでした。。 つづく
by annitamah | 2011-11-30 22:38 | たーちゃんとの出会い | Comments(0)
たーちゃんとの出会い (たーちゃんのこと その1) のつづきです。


あの嵐の夜以来、私が帰宅すると、どこからともなくたーちゃんが現われて、
あたりまえのように、家の中に入ってくるように。。。。。 笑
今夜もお泊りになるんですかね?わんこさん??ってなかんじで。


a0240233_19304984.jpg

ZZZzzzz......... ZzZzzzzzzz............



そして、まだ現地で車の練習中だった私は、仕事場まで徒歩またはバス。
そんな時もたーちゃんは、いつも私についてきました。
あまりについてくるので、ホトホト困り、近所の人に「お願い。あと、5分程この犬の首輪を持っててくれませんかねぇ?」などと言って、たーちゃんの自由が利かない間にダッシュして仕事に出掛けたものです。


いつしかこの犬と妙な縁を感じ始め、
名前を付けなきゃ・・・と。

う~ん。。。 何だろう?タロウでいいかな??タロウちゃん???
仕事場が一緒の日本人は「なんかさ~。ゴン太っぽいね。」などと言い、タロウちゃん、ゴン太~。と呼んでいました。
(のちに、女の子だということが分かるのですが。。ゴメンたーちゃん。。でも、今でもよく男の子に間違われます。笑)


出会った頃のたーちゃん。
a0240233_18583479.jpg

路上がたーちゃんの生活の場。とても安全とは言えませんでした。


a0240233_1859418.jpg

ご近所さんの車の下を寝床にしていたようです。
天気の良い日はいいですが、雨降りだとやはり困るのは納得です。

a0240233_1933613.jpg
この頃は、やっぱり緊張感のあるキリっとした顔をしています。
赤い首輪は、私が付けたもの。










つづく。。。
by annitamah | 2011-11-29 19:34 | たーちゃんとの出会い | Comments(1)