縁あって家族になった犬と一緒に日本に帰国。田舎でひっそりと自然を感じながらの暮らしを気が向くままに綴る。犬を笑わすことに生きがいを感じる日々。       LOVE ,PEACE & DOG LIFE BLOG


by annitamah
カレンダー

カテゴリ:神様からの宝の時間( 3 )

約束

わたしは、ちっぽけで不器用な人間だけど

たーちゃんを日本に連れて帰るときに誓ったこと

たーちゃんを笑顔いっぱいにする!

わたしの精一杯で 守ってきたつもりでいますが

たーちゃんにとって わたしは 頼りになるかーちゃんなのだろうか

たーちゃんの思いをわかってあげられているのだろうか

どうか たーちゃんの心とカラダに寄り添うことができますように


[PR]
by annitamah | 2017-06-03 13:34 | 神様からの宝の時間 | Comments(2)
a0240233_14551239.jpg
ごはんをシリンジで食べさせることが多くなってきました。 手作り流動食のときと、療法食フードをプラスしてみるときと使い分けています。不思議なもので、シリンジで食べた後は食欲がでるのか干し肉を普通にパクパクたべたりしています。
なんか、勢いがつくのかなぁ???
でも、なかなかしっかり食べれた後は満足なのか、お布団の上で「フーン、ハッ、ヘヘッ、へへへ」となんともかわいい声で歌いながら、ゴロゴロ仰向けになって踊ったりします。 昔はいつもこうしてましたけどね。。。涙。。(あ、いかんいかん。)
でも、逃げ回ったりするときもあるので食べてもらう内容、順番、手際、本当に難しいです。
エゴだなー、わたしのエゴになりすぎてるかなー?
とかやっぱり悩みますね。
でも、食べて力強くお散歩できると ああ、食べるって大切だなぁ。と実感させられたり、、とか。。。 
a0240233_14551256.jpg
シリンジにもコツがあり、最近ちょっとだけ上手になりました。流動食をいれて、空気を抜いて、、ってやるの。 空気を抜く作業が難しくて ちょっと前まではいろんなところに流動食が飛び散ってw 台所が大惨事。。 ・・・自分、不器用ですから・・w
今度、シリンジのコツを時間があればブログにアップしてみたいと思います。
不器用さん用の。
妄想力だけはある私は、ハワイアンエプロンをつけてシリンジを持ってキッチンとたーちゃんの元をいったりきたり、気分は「ハワイアンな看護師&付き人」です。
←あ、頭おかしいのは自覚しております。w
a0240233_14551349.jpg
最近、知らないおじーちゃんおばーちゃんに声をかけられる。と少し前にブログにアップしましたが、若い人たちからも声かけられることが多くなりました。
昨日は犬好きの知らないおねーさんに、たーちゃんめちゃくちゃイイコイイコしてもらっていました。
なにかな? かわいいオーラ発してるらしいです。
たーちゃんも なんかその気になって嬉しそうにしてました。1タッチ100円で道端にでも座ろうか。(笑)
a0240233_14551489.jpg
今週は涼しくて過ごしやすかったですね。仕事は今週 なんやかんや半休、遅刻を繰り返しながらもできました。会社のみなさま、ありがとうー。



[PR]
by annitamah | 2017-05-26 14:53 | 神様からの宝の時間 | Comments(0)

火曜日 電話相談 

a0240233_09384723.jpg

写真は今朝の様子。 アップ010.gif

昨日(火)AMは、横浜の某自然治療ができる病院の先生に電話相談をお願いしていました。
すごく漢方や自然療法に詳しい先生と通った経験のある方から伺っていただので、そのことと、食事療法の事、などなど先生のお話を30分の予定が1時間もべらべらと話をしてしまいました。

全然しらなかったことなども聞かせていただけて 今後の参考になりました。優しい先生でした。
今飲んでいる漢方は補陽剤 これを飲むとCREクレアチニン値が下がったりお漏らしが劇的に改善したので、それは引き続き飲めるならおすすめ。とのこと。(他病院で処方してもらっているものですがw)抗がんの粉薬も免疫力をKEEPする意味で飲むのはよいと思うとのこと。 ちなみに漢方を処方してくださっているのは漢方専門の動物病院で名古屋と東京にある病院です。そこの先生も良い方。

ホモトキシコロジーに関して、先日処方してもらった3種類(腎臓プロトコール)は、CoenzymeとSolidagoだったかUbichinonどっちか忘れちゃいましたが、その中の2種類は腫瘍のプロトコールでも処方することがあるそうで、体重から言って重いからどうしても毎日1アンプルは高いけど、今後も1日置きとか3日置きとか落ち着いてきたら飲むのはいいかもしれない。というわれました。

ホメオパシーに関しては、ホモトキシコロジーと重複する成分があるので一旦中止したほうがいい。といわれました。 どうなんだろ??? 

ホメオパシーは、西洋薬のような副作用はないけれど、バイタルフォース(生命のエネルギー)に直接作用をするもので、何千という種類の中で ぴったんこ のものが見つかると、良い場合もありますが、衰弱していると効きすぎる。という場合もあるので注意が必要らしいです。※副反応(プルーピングとよばれるもの?アグラベーション?ちょっと勉強不足で情報は正しくないです。すみません)
希釈度をポーテンシーと呼ぶらしいですが、ポーテンシーが高いと(ここ自分の理解があいまいなので勉強必要ですが)効き目も強いので同じレメディでもポーテンシーが低いもの=効き目が穏やかなものが試すのであればいいらしい。。。 ??奥が深いですね。

うーん。
知識が増えると疑問も増えるなぁ。。。です。でも英国にも王室専門のホメオパスがいるぐらいですしね。
日本にもどんどん普及していったらいいなと願うばかりです。

望むことができるのであれば、腫瘍よ、消えて。そして、肝臓腎臓、元気にぴんぴんして。
たーちゃん、食欲もりもり。 走り回って飛び跳ねて、飯食わせろ―、わんわん!!! さっさと散歩つれてけやー! ぐらいになってほしい。(泣き笑い)

でも、老いも自然の摂理。
ゆっくりゆっくり、穏やかに、幸せいっぱいに過ごさせてもらえるように。本当は5月から休職したかったけど、ちょっとだけがんばります。お互いに。医療費やおいしいものをたっくさーん、& 蚊よけや夏のクールダウンできる服、快適にすごせるように準備するものがいっぱいあるので。 稼がねばっ! シングルマザーですからね。あは。
遅刻連発、半休、早退、 こんなに迷惑を会社にはかけっぱなしですが、ほんと、この会社だから許してもらえてるのだなぁ。としみじみ。愛犬家の社長でよかった。犬を前面に押し出して今まで過ごしてきてよかった。と思います。恵まれてるなぁ。ありがたい。


話は戻りますがどの先生も言っていることは、やっぱり どんな薬よりなによりも「食べること」これが一番の基本だよ。と繰り返し聞かされました。 特にタンパク質がとれないと、自分の体からタンパク質を作り出すので結局腎臓には負担はかかるし、それに筋力、免疫力、体力ともになくなっていきます。
だから、野菜とかフィトケミカルとかこだわるキモチもわかるけどそれも大切だけどまずはタンパク質と水が生命の基本。特に犬や猫は人間よりたんぱく質が必要なので。
細胞膜もタンパク質がないと弱まりますもんね。

「食道チューブ」についても統合医療の先生から、こんな方法もあるよ。と教えてもらって、わたしは、断固拒絶派だったのですが、昨日電話相談した自然派の先生もアメリカでは腎不全の子は普通に食道チューブしているそうで、口からも食べれるし、ある程度体力ついたら、ぷんっと抜けば穴がふさがる。「胃瘻」より軽い、でも 食べれないストレスが減る&食べさせられるストレスがなくなるという面ではいいという見方もあるよ。と教えてくださいました。
本当に食べたくないのに無理はさせたくないですが、食べたくて、お腹がすいているのに、食べれない。不憫でなりません。。。。

でも、飼い主の考え方、文化、宗教感、で いろんな選択肢があるのですね。。
でも、私は、今のところ やっぱり自然に。本当に食べれなくなったら少しずつ枯れていくけどそれも悪くはないのではないかな?と思ったりしています。(食べたくなくなった時からは)
父がそうだったから。
父は、必要最低限の輸液(一切口から水が飲めなかった。のどは乾くけど)のみ。口にしては吐いてしまって、でも栄養は必要ない。と 大昔の人たちと同じように 日に日に枯れていく選択を自分でしていました。モルヒネも途中からいらなくなって、脳内物質がでてきたのか「全然痛くない」と言っていたので、そういうほうがかえって楽なのかな。なんて見ていて思いました。腹水も、胸水もたまらなかったし、痰もたまらなかったので。亡くなる当日はたーちゃんの手術(メラノーマ)でしたが、しっかり見送って、手術から帰ってきて微笑んでうなずいてくれました。 強い父だな。愛情を感じます。思い出すと今でも涙がでてきちゃいますね。
あ、やば。今、会社だった。(笑)


こんな終末期な話を書いていますが、たーちゃんからはまだまだ生命力をしっかり感じています。 
昨日は肉が食べれて、そのあと布団の上でひっくり返って、満足そうにふんふん踊っていましたから! 
しっかりと腹をすえて 強く優しく頼りになるかーちゃんになれるように がんばります!
少しでもたーちゃんに恩返しができるように・・・。











[PR]
by annitamah | 2017-05-17 09:38 | 神様からの宝の時間 | Comments(0)