新たなる一歩

あの日から、たーちゃんの旅立ちから、毎日、必死に生きてきました。
自分で自覚する以上に、ほんとにほんとーに、踏ん張って、自分に喝を入れて日々を過ごしてきたんだなって。

あまりに泣きすぎて、顔、変わったんですよ、私。苦笑。
目が結構パッチリ二重だったのが、かなりの奥二重に。笑    視界も違う。

とっちゃんのことでも、言葉にならない苦しさと申し訳なさでいっぱいでした。正直。

それでも笑ったり、毎日泣かなくなったり!

もちろん、どんな時も たーちゃんととっちゃんは私の胸にありますけど。あーちゃんとは毎日会ってます。

だけど、昨日、近所のぶーちゃんと勝手に呼んでる柴犬の雑種の子が寒そうにしていて、その子は毎日お散歩も行ってるし、毛布もあるけど、吹きっさらしであまりに凍えていて、、

悩んだ末、この子は飼い主に虐待される可能性は少ないと考えて、毛布を持ってピンポンして
きました。
飼い主さんに、犬のボランティアをやっていて、この寒さは犬のカラダにもかなり堪えるらしいので、よかったら毛布を掛けさせて貰っていいですか?と。
可愛がられているのも知ってますし、ほんとに可愛い子でいつも、かわいいなーーと通る度に癒されてます。
って。

そしたら、毛布はいっぱいあるのに放置しちゃってました。そうですよね、寒いですよね。
すぐ対応します。ありがとうございます。
と、内心はどうかわからないけど、対応をしてくださいました。

よかった。。。。涙
ほんとに、ほんとに、寒いから、もう、とっちゃんみたいな思いをしてほしくなくて、アクションしました。(動物に当たる飼い主もいるかもしれないので、細心の注意をが必要でもあると思いますが)

アクションを起こしてよかった。

最近、活動家の方々と交流があり、動物を救うには人に近づき話を聞き、批判するのではなく、うまく意識を変えていけるように寄り添うことも大切だなぁ、なんて学びました。

毎年、書かせていただいていますが、もし近所に寒さに震えているコがいたら、手を差し伸べていただけたら嬉しいです。

わたしは、とっちゃんを救いたくて5年6年、ずっとずっと会いに行っていたけど、結局救えなかった。
だから、これからは色々な経験を積んで、その1つひとつを、皆さんにシェアできるようにアクションして行こうと思っています。

a0240233_19434974.jpg
たーちゃん、わたし、頑張ってるよ!
見ててね。
いつだって、たーちゃんがだいすきよ。
a0240233_19453978.jpg
たーちゃんのお骨をネックレスで肌身離さずつけています。
わたしの勇気の源です。

ありがとう、とっちゃん。ありがとう、たーちゃん。




[PR]
by annitamah | 2018-01-25 18:54 | Comments(0)

縁あって家族になった犬と一緒に日本に帰国。田舎でひっそりと自然を感じながらの暮らしを気が向くままに綴る。犬を笑わすことに生きがいを感じる日々。       LOVE ,PEACE & DOG LIFE BLOG
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31