縁あって家族になった犬と一緒に日本に帰国。田舎でひっそりと自然を感じながらの暮らしを気が向くままに綴る。犬を笑わすことに生きがいを感じる日々。       LOVE ,PEACE & DOG LIFE BLOG


by annitamah
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

あーちゃんも

あーちゃんも、たーちゃんがいなくなって 本当に本当に寂しそうです。

自分のことばっかり、たーちゃんのことばっかりで、あーちゃんと一緒に過ごす時間を大切にしていますが、もっともっと寄り添いたいと思います。
,
a0240233_09372966.jpg

あーちゃんは、私たち家族にとって初めての犬。
保護犬でもなく犬の世界を知らなかったわたしたちがペットショップでまだ2ヵ月の時に出会いました。 ブリーダーさんから(どんなブリーダーさんなんだろ。。。。。。。)母犬と離され6匹の兄弟と一緒にショーケースに入っていたあーちゃん。 男の子4匹、女の子2匹。その中で、ひとりだけヘソ天で、兄弟の上に乗っかって爆睡していた子があーちゃんでした。

犬の社会化、いろんな人に馴らす、そんな機会をもつこともなく、パピーパーティーのことを獣医さんで聞いてもどこで聞いても、まだまだ、、なにそれ?な時代の田舎町でした。今はあちこちで開催されていますけど。 
しかも、うちは父が厳格(笑)だったので、あまりお客さんもなく、あーちゃんは家族の中でのびのびの、内弁慶さん。

そんなあーちゃんと、たーちゃん。 たーちゃんは私とレトロハウス(笑)に住んでいたけれど、最初はお互いにビビリ合い、吠え合い、たーちゃんは優しいんだけど、あーちゃんが吠えたら牽制し、、みたいな、、そんな時もありました。

だけど、母の手術の頃からかな?? 

たーちゃんとあーちゃんと二人でお留守番をさせることが重なり、 父の手術の時はほんとうに大変だったので、たーちゃんあーちゃんふたりで、寄り添いながらお留守番してもらうことも多くなって、、、どんどん 私たちが驚くほどにふたりの絆が深まっていることをかんじました。


a0240233_09373045.jpg


たーちゃんは、あーちゃんの憧れのお姉さん。 

たーちゃんもあーちゃんが毎日キスをしてくるのを、まんざらでもない顔で うれしそうにしていたっけ。。。 

たくましいたーちゃんに習って、あーちゃんまで女の子なのにマーキングするようになって。wwww 
いつも、いつも後ろをついてまわっていたね。 寝る時も、ふたりは近くで寝てたなぁ。
最強のたーちゃんが守ってくれるっていう安心感が、あーちゃん、うれしかったみたいです。

そんなたーちゃんがお空に還って、今、あーちゃんはお散歩でマーキングをしなくなりました。

あーちゃんの心のケアも、しっかりしていきたいな。自分自身も。 

でも、あーちゃん、たーちゃんっていう最高のおねえちゃんと最高に楽しいときが過ごせてよかったよね♡

たーちゃん、あーちゃんというかわいい妹がいてよかったよね♡

a0240233_09373187.jpg


たーちゃんに恥ずかしくないように、頑張って生きているわたしですが。。。

たーちゃんと、あーちゃんと、わたしで過ごした日々は、言葉になんていいつくせないほど「最上級の最高のしあわせ」でした。
それは、日々ずっとかんじて生きてきましたが、、 ほんとうに今でもそう思います。

天国みたいな毎日でした。 最高に満たされて、愛と笑顔のみ。

今、動画を見返してもわたし、いつも「出会ってくれてありがとうね。
うちら、ラブラブやんな。だいすきだよ。ありがとう。かわいい」 こんな言葉の連発。 wwww

神様からいただいた、最高の時間。

あーちゃんの心も癒えますように。
わたしは、たーちゃんから教えてもらったことを次の人生のステップにむけて活かす準備中です。


[PR]
Commented by mariner at 2017-10-11 14:06 x
こんにちは😃

annitamahさんのブログを読んでいると、こちらまで幸せな気持ちになれます。
あーちゃんとたーちゃんへの愛情がこれでもかというくらい伝わってきます。
二人とも幸せですね!
でも、便乗しますが、やっぱり私もおんなじです!考えると、中3の男子を1人育てたようなもの。それだけの年月一緒にいるんですものね、家族以外の何者でもない。
ワンコたちは何を求めるでもなく、ただ飼い主である私たちとただただ一緒に居たいだけなんですもんね。話せないけど愛おしく、守るべき存在、毛むくじゃらの身体を触ればこちらが癒される…
まん丸のお目々で見つめられるとたまりませんよね。

annitamahさんは今、あーちゃんがいることもあって、たーちゃんに恥ずかしくないように強く生きて行こうって思われてるのがすごく立派で、でもほんとはきっと辛くて寂しくて、言葉では言い表せない、私なんかにはわからない思いがきっとおありなんだと思います。
私も今回の事があって、「あー、この子は確実に私よりも先に私の元から旅立って行くんだな」と現実を突きつけられ、そんな事を考えると、私は生きていけるんだろうか、と思ってしまいます。
まずはそんな事を考えるよりもするべき事があるんですが、やっぱり恐怖でしかありません。

そんな中で、今日annitamahさんのブログを拝見し、「あ、一緒だ」と思ったのが最後の一文。
「たーちゃんから教えてもらった事を次の人生のステップに向けて活かす準備中」
厳密に言えば私はまだプランニング段階ですが、私も、次のステップはこうありたいって思う事があって…
実現に向けて色々妄想しています。
私は今回うちの子が急に病気と闘うことになった事で、人生における考え方が180度変わりました。自分でもビックリです。

ホントに犬って、計り知れないパワー持ってるんですよね。
改めてそんな事を思いました。
Commented by annitamah at 2017-10-12 23:21
marinerさん

ありがとうございます♡
ほんっと、そうですよね!
犬、動物、、愛のかたまり!人間は人間が一番って勘違いしてるけど、動物たちから学ぶことは山ほどありますね(*'▽'*)

わたしは、立派じゃないですよ!たーちゃんが優しくて、私が倒れないように、頑張り抜いて、強く生きるってこういうことよ!もう逝っても大丈夫?って、思いやってくれた愛のおかげなんです。ほんと。

犬は、飼い主が知る以上に、心の奥の奥、隅の隅まで理解してるんだなー。と、実感、確信、涙です。
by annitamah | 2017-10-10 09:36 | Comments(2)