縁あって家族になった犬と一緒に日本に帰国。田舎でひっそりと自然を感じながらの暮らしを気が向くままに綴る。犬を笑わすことに生きがいを感じる日々。       LOVE ,PEACE & DOG LIFE BLOG


by annitamah
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Anna Breytenbach Animal Communicator

考えてしまうことがいっぱいある今日この頃です。 

そんな中で、アニマルコミュニケーターのAnna Breytenbachさんという方のやっていることを、偶然Youtubeで知って、号泣するぐらいに感動しました。

Annaも、動物とテレパシーやイメージを使ってコミュニケーションを図ることは、彼女だけが特別に授かった能力ではなく、もともと人間には備わっていた能力と言っています。だから、誰にでもできることなんだと。。

このドキュメンタリーは英語ですが、映像だけでも登場するブラック レオパードの Diablo→ Spritの表情の変化と、Annaと、レスキューして生涯ケアする為の施設を運営しているJurgとその奥さん、、と、、、感動できると思います。




【内容ざっくり】
Diabloという名前の黒豹はベルギーの動物園で長く虐待を受けていたのですが、南アフリカで動物園や、サーカスや、いろんなところで虐待を受けていた子を生涯ケアしする施設にレスキューされました。でも、心を閉ざしたDiabloは人間を誰も寄せつけず、怒りと殺意だけを抱き、オープンスペースの庭があるにもかかわらず、ナイトシェルター(夜寝る場所)からでることもなかった。
そこで、Annaが訪れます。 しばらくすると、唸る事をやめ、話に応じはじめます。自分は誰からも望まれていない存在だった。Diabloという名前で呼ばないでほしい。それから、前の場所にいたとき、隣の檻に2匹の子供のレオパードがいたけど、その子たちは元気でいるのか、大丈夫なのか心配をしている。 と訴えます。
はじめは、アニマルコミュニケーションなんて、、名前を変える?とか、ありきたりな内容は、誰でも分かってるフリができるんじゃないか??など、動物が話すことに対して疑いしか持っていなかった施設のJurg夫妻ですが、、、自分達も忘れていた 前に居た場所には確かに2匹の子供のレオパードが居た。という、Annaが絶対に知りえない情報がAnnaの口からでた瞬間、驚きを超えて、覚醒していく瞬間がとても感動的でした。
そして、Diabloに、その2匹たちは安全だよ、と伝えてあげます。
その日の午後、Spritと新しい名前が付けられた黒豹は、ここに来てから6ヶ月、一度もナイトシェルターをでたことがなかったにもかかわらず、自ら外への一歩をふみだします。。
そして、Annaに、人間が話しかけてきたの初めてで驚いたけど、ありがとう。と、Spritはいいます。


Annaは、アニマルコミュニケートを多くの人に広めたくて、動物の役に立ちたくて、子供たちに無料のワークショップを開いていたりもするようです。

この人は、本物で、とびっきり素敵で、ぐっときました。 人生を動物のために捧げている人。動物の心に寄り添っている人。

他のVideoも見たのですが、動物園にいる動物や、その他、可哀想だと思っても、「みじめで可哀想だね」というバイブレーションは送らないであげてほしい。と。 その代わりに、どんなに素敵で、役立つ存在か、感謝と愛の気持ちを送ってあげてください。と。

とにかく、このVideoに将来のインスピレーションをいただきました。
[PR]
by annitamah | 2016-06-07 11:24 | PEACE | Comments(0)